陰部脱毛で痛みを感じやすい部分について

最近では陰部脱毛は男性でも女性でも、主流となってきている脱毛箇所の1つです。海外からのマナーの影響や、デリケートな部分だからこそ綺麗にしたい、清潔に保ちたいといった理由から脱毛する人が増えてきています。そんな陰部脱毛ですが、やはり場所が場所だけに脱毛する際の痛みは気になります。陰部は場所によって神経のあつまり具合が違うため、脱毛する際の痛みの感じ方も大きく違いが出てきます。まず一番痛みが小さい個所ですが、お尻周りになります。男性は特に多くのムダ毛が生えている人は多いですが、陰部の中では一番痛みが小さい場所です。次にビキニラインの中央部分や脚の付け根あたりになります。特にビキニライン中央部分はムダ毛が集中していることが多く、脱毛するさい強い痛みを感じることが多いです。最後に一番痛みを感じてしまう部分として男性の肛門から陰部までの間です。神経がとても多いので、それに伴って痛みを一番強く感じる部分です。

陰部脱毛で勘違いされやすい毛の抜ける時期

女性は毎日の生活の中でスカートなどをはく機会が多く、足など露出する場所のムダ毛はとても気になるため、こまめにムダ毛処理を行います。夏になればもっと薄着になるため、ムダ毛処理はとても重要ですが、それは男性も同じになってきています。男性でもやはりムダ毛の見た目を気にする人も多く、脱毛処理を行う人は増えてきました。また身だしなみと清潔感があるという理由から、陰部脱毛をする人も多いです。この陰部脱毛をクリニックなどで行うさいに勘違いする人がとても多いのですが、施術を行ってすぐにムダ毛が抜けるわけではないという点です。自分で毛抜きで抜く場合は、その場で毛を抜くので毛はすぐになくなります。ですが、クリニックなどを利用した場合の陰部脱毛は施術によっても効果は事なりますが、大体は1週間から2週間ほどかけて毛が抜け始めますので、毛が抜けないと慌てずにゆっくり待つことが大切です。

陰部脱毛のとき日焼けには御注意

身体の身だしなみとして、男性でも女性でもムダ毛処理をする人が増えてきてます。その中でも陰部脱毛は、夏の水着を着用したときの見た目以外にもデリケートな部分を綺麗に保つという理由から脱毛する人は多いです。そんな脱毛ですが、実は日焼けには注意する必要があります。オシャレやファッションとして日焼けサロンなどで自ら身体を日焼けさせる人は多くいます。その際日焼けムラが内容に下着なども着けず陰部も黒くするひとが殆どです。ですが陰部脱毛を考えているのであれば日焼けには注意が必要です。脱毛する際に使う施術の機器の殆どが、黒い色に反応して脱毛を行います。そのため、普段であれば黒い色をしたムダ毛にだけ反応して脱毛が行えますが、肌が黒いと黒い肌にまで機械が反応してしまい肌トラブルにつながります。陰部であればなおさらデリケートな部分のため肌への負担はダメなので注意することが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*